婦人

筋肉の働きを弱める効果

女性の横顔

ボトックスとは

ボトックスは、ボツリヌス菌A毒素を弱めた成分のことです。ボツリヌス菌とは呼吸筋に影響を及ぼす毒素で、食中毒を引き起こす原因にもなっています。これを十分に弱めた成分が、美容整形の分野で利用されるようになりました。その効果は、しわや筋肉の張りを目立たなくしていくものです。他にも汗を出す汗腺を抑える働きもあり、わきがや多汗症の治療にも効果があります。美容整形では、ボトックス注射として気になる部分に施術を行うメニューが人気です。注射をするだけなので、手術をしなくてもいい気軽さが魅力の1つです。しかし、効果は3ヶ月から半年位でなくなってしまいます。半永久的な効果が続かない分、繰り返し受けていくことで状態が維持できます。このようなボトックス注射は、同じく美容整形で行われるヒアルロン酸注入とよく比べられます。同じ効果があると思われている場合も多いですが、はっきりと違いがあります。よく間違われる理由に、しわの改善が挙げられます。確かに2つとも改善に効果がありますが、ボトックス注射では同じしわでも表情によってできるものに限られます。表情を作ったときに目立つしわを抑える効果となるので、たるみによって起こるしわには改善は難しいです。ボトックス注射でしわを改善したい場合は、この点をよく理解しておかなければいけません。

筋肉が原因となる場合

ボトックス注射によって得られる効果は、眉間や目尻にできるしわの改善、そしてエラの張りや足の太さも抑えられます。眉間や目尻にできるしわは、表情筋が原因です。そしてエラの張りは、骨格だけでなく筋肉の張りが原因となっている場合も少なくありません。同じく特にふくらはぎに目立つ筋肉も、足を太くしてしまいます。足の太さは必ずしも脂肪だけが原因ではなく、筋肉によって太くなっている場合も含まれます。しかし、ボトックス注射を気になる部分に施すことで、筋肉の働きが弱まり、目立たないようになります。ボトックス注射をするとその部分がスッキリとした状態となり、深く刻まれたしわの改善や、顔や足も細くなっていきます。これで、コンプレックスに感じていた部分も解消されます。ボトックス注射は手術ではないため、ダウンタイムの心配もありません。そして即効性があり、施術をしてから2〜3日後には効果が実感できるようになります。美容整形では費用は自由診療となるので、美容外科によって差が出てきます。ただし、ボトックス注射は比較的費用が抑えられているので、身近に感じられる美容整形です。以上のように、気になる部分がボトックスの効果に匹敵する場合は、受けてみる価値は十分にあります。